トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

タイ料理サバイサバイ

先日、お友達の奥様が経営されている木町通りのタイ料理サバイサバイさんへお邪魔してきました!

冷やしトムヤムクンラーメン、カオマンカイ、グリーンカレー(豚)をいただき、デザートにタピオカココナッツミルクとロンガンを。

003

004 005 006 007 どれも本格的でありながら、日本人にも受け入れやすい味となっています。

冷やしトムヤムクンラーメンは、奥様のサワニーさんが山形で冷やしラーメンを食べてひらめいたらしく、次の日にはメニューとして登場させたんだとか。

このフットワークの軽さは是非見習いたいところです。

どの料理もとてもおいしく、リーズナブルに楽しめるので是非全メニュー制覇したいと思います!

ちなみに、私たちが伺った日はかなり蒸し暑かったので快適に過ごせましたが、夏期はエアコンをフル稼働させているので(タイの方はエアコンMAXでお使いになるんだそうです!)、冷え性の方は、一枚はおるものがあると安心かもしれませんflair

タイ料理 サバイサバイ

仙台市青葉区木町通2-6-32

022-275-9858

11:00~15:00

17:00~23:00

年中無休(年末年始除く)

*上記の店舗情報はインターネットで調べたものであり正確性は保証されませんので、事前にご確認くださいませ。

| | トラックバック (1)

2010年6月27日 (日)

6/27(日)のカフェ

本日も、一日中途切れることなくお客様がいらしてくれました。ありがとうございます。

お客様から、こんな差し入れをいただきました^^

001

けいおん!のおまんじゅうです!

私自身はテレビで見た事ないのですが、Twitterのつぶやきやmixiの日記を見る限り、かなり人気なんですよね。

仕事の合間に早速いただきましたが、焼き印が温泉じゃなくティーカップの形になっていて(写真撮りそびれましたorz)、食べると口の中いっぱいに紅茶の香りが広がります。

おまんじゅうの皮に紅茶の葉がたくさん練り込んであるんですねflair

素敵な差し入れ、ありがとうございました!ごちそうさまです☆

| | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

パルメイラカレーの起源 最終回

新しい職場では、学ばねばならないことも色々と多く、
忙しい日々を送っていた私。

ときおり悩み、前の職場の先輩や友人に相談することもありました。
いつも暖かく、ためになる助言をもらえるのですが、
みな二言目にはこう言います。

「カレーって、今はもう作ってないの?」

その都度、申し訳なさそうにこう答える私。

「すいません、忙しくて作ってないんです」

・・・今だから白状しますが、うそついてました( ̄∀ ̄ )
細々とではありますが、実は作っていたのです。

とはいっても、月に1度作れるかどうか程度に
生産量は落ちていましたので、
「作っている」なんて答えてしまって
また注文が殺到したら応えられませんから、
この場合は嘘もやむなしであります。

さてそれでは、細々と作っていたカレーはどうしていたか。
ネットの知人への贈り物や、時候のお礼などとして、
いろいろな方に差し上げていました。
そのうちの一人が、カラオケ仲間の今の店主です。

思えばこれが「Cafe Palmyra」の始まりでした。

今の店主は、ずっと「カフェをやりたい」と
おぼろげながらに夢想していたらしいのですが、
現実のものとするには、いくつか足りないものがある。
その足りなかった大きなピースのひとつに、
私のカレーがおさまったというのです。

「お店でお客さんを待たせずにお出しできて、
 それでいて美味しいものが、もうひとつ欲しい」

もともと料理の上手な店主ですが、
思いもかけない形でその店主のメガネにかない、
新規オープンする喫茶店で、
私のカレーをお出しできることになりました。

「またカレー作り始めましたよ。買いに来てくださいね♪」

前の職場の人に訊かれたときにも、
ようやくそう答えられるようになり、
胸のつかえも取れました。
ひょっとすると私の天職はカレー作りなのかもしれません。

・・・そんなパルメイラカレーですが、
良かったら、一度お店にいらして召し上がってみてください。

もちろん、前の職場で人気だった
お持ち帰り形式の固形カレーも、
約4人前でひとパック1000円にてお店で販売しております。

1

11回にもわたる長文にお付き合い頂き、
まことにありがとうございました ( ̄▽ ̄ )

おわり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

季節のジャムが変わりました

季節ごとに変えているスコーン用のジャムですが、アメリカンチェリーからパイナップルに変わりました。

フードプロセッサーで粉砕し、種等を丁寧に取り除きます。

Img_0228

じっくり煮詰めていくと・・・

Img_3658_edited1

煮詰める前とあまり変わりないような気もしますがsweat01

キラキラ輝く、夏らしい甘さ控えめのパイナップルジャムの出来上がりです。

店頭ではスコーンのテイクアウトを行っているのですが、今回よりスコーンテイクアウトの方には少量ですがジャムもお付けする事が出来るようになりました。

ただし保冷剤はございませんので、ジャムだけはお早めに冷蔵庫へ入れてくださいね。

それと、以前よりジャム単体の購入ご希望の声をいただいておりますので、そちらも現在検討中です。決まり次第またご報告させていただきます。

| | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

パルメイラカレーの起源 その⑩

その職場をやめた後、次の職場はすでに決まっていたのですが、
有給を使って1000食作った1ヶ月が、
妙な自信と、将来への悩みを生んでいました。

「カレー屋でも食っていけるんじゃないだろうか」

いつしか私の心に、そんな漠然とした想いが
生まれていたのでした。

ですが、飲食店経営はおろか、
飲食店のバイトすらしたことのない私。
実際にお店を出すためにはどうしたらいいのか
まるで分かりません。

飲食店を経営する知人に聞いてみたところ、
店を出すには、まず「営業許可証」が必要で、
その営業許可証をもらうためには
「食品衛生責任者」を置く必要があること、
そしてその食品衛生責任者になるためには、
「調理師免許」が必要だよ、と教えてくれました(注)

そこで、調理師免許の取りかたをネットで調べてみると、
受験資格として2年間学校に通うか、
3年以上の実地経験が必要との事でした。

今から3年間、飲食店で仕事しろと言われてもちょっと難しい。
いまさら学校に通うのはもっと無理です。

それで一度はあきらめかけたのですが、未練がましく
「食品衛生責任者」の取得法をあらためて調べてみたところ、
制度に関する思わぬ記述を見つけます。

食品衛生責任者になるために必要な国家資格が、
「調理師」だけではなく、たくさんあるのです。

意外な感じもしますが、「獣医師」や「薬剤師」の免許でも
なぜか食品衛生管理者になれるのです。
運転免許を取っただけで原付にも乗れるのと似ています。

そして、私のもっている国家資格もその中に含まれていました。
学校では食品衛生に関する勉強なんて
ほとんどしていないんですけども、
国家資格ってある意味かなりいい加減です( ̄∀ ̄ )

「よし、これで法的にはいつでもお店出せる」

・・・そう思ったら逆に安心してしまったのかもしれません。

すぐに踏ん切りをつけてお店を出したりはせず、
当初予定の次の職場で、普通に仕事を始めるのでした。

つづく

| | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

期間限定メニューのご案内です

本日6/21(月)より、夏季限定のメニューとして「愛玉子(オーギョーチィ)\300」をお出ししております。

003

台湾に自生する愛玉(オーギョー)という植物から出来た、ぷるぷるの食感が楽しいゼリー風デザートです。

ゼラチンや寒天で出来たものとは違う、独特のぷるぷる感がくせになりますよ。

愛玉子には腎臓の機能を整えたり、夏の暑さでほてった体の熱を取り、水分を補給する働きがあるそうです。これからの季節にぴったりですね。

愛玉子そのものにはあまり際立った味がないため、レモンシロップと一緒にお召し上がりください。

| | トラックバック (0)

パルメイラカレーの起源 その⑨

結局、そんなこんなで1年半近くカレーを作り続けていた私ですが、
最後の半年はスパイスの配合を微調整していた期間ですので、
毎回、それなりに美味しいカレーが出来ます。

しかし、いくら美味しいとは言っても、
毎回2-30人前くらい出来てしまうため、
自分と友達だけで消費するというわけにも行きません。

「独尊カレー」の特徴のひとつは、
出来上がりがルーのような固形なので、
たこ焼き容器のようなパックがあれば、
簡単におすそ分けすることが出来るところです。

その特徴を生かし、職場の同僚に
配って食べてもらっていたのですが、
喜んでもらえる上に感想も聞けるので、
私にとっては一石二鳥でした。

しかし、しばらくすると少しずつ状況が変わってきました。

「溶かすだけで本格カレー」というお手軽さも手伝ってか、
いつの間にか職場でひそかなブームになってしまい、
「独尊カレー」が一応の満足のいく完成度を迎える頃には
定期的に希望する固定ファンがたくさん出来ていました。

ありがたいことでしたが、そうなると今度は
あげられる人とあげられない人が出てきてしまいます。
えこひいきと取られると職場の立場上いろいろ面倒なので、
仕方なく原材料費程度のお金を頂く事にしました。

「そうすればきっと注文も減ってくるだろう」

数日後、自分のその考えが大きな誤算であることを知ります。
金銭を取ることで、今までタダだから頼みにくかったという人が、
注文しやすくなったようで、むしろ注文が増えてしまいました。

結局、作らなければいけないカレーの量は増え、
睡眠時間を削ってカレーを作ったりしていた時期もあります。
もはや、職場に仕事をしに来てるんだか
カレーを売りに来てるんだかよくわからない状態でした。

その職場は4年勤めて辞めたのですけれども、
やめる直前までそんなカレー作りが続いていました。

有給休暇を消化しないと労組がどうので
最後に無理やり1ヶ月ぐらい休ませられたのですが、
辞める直前の駆け込み需要で
カレーの注文が殺到してしまっていたので、
2月いっぱいあった有給休暇の28日のうち、
24日くらい1日中カレー作っていました。

有給・・・休暇?( ̄∀ ̄ ;)

あとで計算したら、その1ヵ月で1000食分くらい作ってました。
給食のおばさんの気持ちがちょっと分かった気がしました。

つづく

| | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

パルメイラカレーの起源 その⑧

そんなこんなで、月に2-3回、1日がかりでカレー作り。
徐々にではありますが、
確実に独尊カレーに近づいていく日々が続きました。

以下、その間に気づいた事や、
解消した問題点などを列挙しておきます。

前述の鶏がらスープ問題は意外とすぐに解消。
スパイスと一緒に鶏がらスープの粉末を入れるだけで解決しました。

強力粉をバターで炒めると、
ぼそぼそのグラタン種みたいになります。
お菓子作りなどではここでやめることもありますが、
それでもさらに炒め続けると次の段階を迎え、
とろーっとした、さらさらのソースのようになります。
そこからさらに焦がさないように炒め続けると、
香ばしいきつね色のペーストになります。
最低でも1時間以上炒めないとこうはならず、
思いのほか火加減に神経を使う作業です。

材料にりんごを加えると酸味が出るのですが、
これは少し好みの分かれるところかもしれません。
オリジナルの独尊カレーは、こんなに酸味が強くなかったので
パルメイラカレーのレシピにはリンゴは入っていません。

バナナは山ほど入れても思ったより甘くはならず、
むしろどんどんコクが出ます。
同様に、カカオマスもコクと風味を増すのに効果的でした。

独尊カレーの特徴のひとつであった
「後からくる辛さ」は胡椒によるものだと思われ、
黒胡椒と白胡椒をある割合でブレンドすると、
独尊カレーに近い辛さを出す事ができました。

チリパウダーなどの唐辛子系のスパイスを使うと、
口に入れたその瞬間から辛いタイプになり、
一般のカレーの多くは、チリパウダーで辛さを出しているようです。

パルメイラカレーではチリパウダーをほとんど使わず、
胡椒のみを使う事で、きわめて独尊カレーに近い
「後から来る辛さ」を作る事ができました。

ただし、胡椒のみで辛さを出すには、
かなり量を使う必要があります。
その上、胡椒とはグラム単価が高いので、
唐辛子系のスパイスと同じレベルまで辛くしようとすると
10倍くらいコストが違ってきます。

そのため「安く」かつ「辛く」しようとすると、
どうしてもチリパウダーを使う必要があり、
そのあたりが一般のカレーのほとんどが
唐辛子系の辛さである理由のひとつなのかもしれません。

そんな気づきの日々の中、
あるとき、かなり満足に近いものができました。
8割がた独尊カレー。これはなかなかいけるのでは。
気がつくと、作り始めからすでに1年半が経過していました。

つづく

| | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

パルメイラカレーの起源 その⑦

そうして出来上がった「擬似独尊カレー」を、
お店でやっていたように水から弱火で溶き、
ご飯にかけて食べてみました。

…まずい( ̄∀ ̄ )アハハ

まずいというか、味が薄いんですね。
考えてみれば当たり前ともいえます。
「銀座モンタニエ」では鶏がらスープを使うところを
今は水で溶いてるんですから。

そこで、試しに鶏がらスープで溶いてみたら、
なかなかいける味になり、
しかもどこかしら独尊カレーに近いものになりました。

ですが、このままでは独尊カレーの魅力のひとつである、
「水で溶かすだけで本格カレー」という条件が満たせません。
いちいち鶏がらスープで溶かないといけないのでは、
私の中ではゴールとはいえません。
これは解決しないといけない問題です。

また、近いとはいえ、味や辛さもまだまだ違います。
これは今後、スパイスや具材の組み合わせを
時間をかけて試行錯誤していくしかありません。

時間がかかるのは仕方がないとして、
試行錯誤するに当たってのもう1つの問題は、
1回ごとにカレーが大量にできてしまう事でした。

というのも、安定して同じ味を作る事を考えると、
各々のスパイスの分量があまり少ないと
計るのが難しくて再現性に乏しくなってしまうからです。

毎回大量に出来るカレーたち。
味が違えども、そこそこ美味しいカレーができれば良いですが、
時に、とんでもないカレーが20人前ほど出来てしまう事もあります。
捨てるのも勿体ないので よほどのことがない限り食べるんですが、
干し柿を入れてしまった時の試作品は、
残念ながらそのまま廃棄処理となりました。ごめんなさい。

何かの本に「干し柿を入れるとコクがでる」
と書いてあったのですが、干し柿なんて常備していないし、
かといって1個2個で売っているものでもありません。

本来は隠し味ですから、ごく少量で良いのでしょうが、
買ってきた干し柿は一袋、残したところで恐らく食べません。
もったいないので全部入れちゃったんですよね。

過ぎたるは及ばざるが如し。

ええ、干し柿が悪いのではなく、
私が悪いんです。ごめんなさい。

…そんな試行錯誤を繰り返していた時代、
試食に付き合ってくれたお友達に、この場を借りて
感謝を申し上げておきます。ありがと、長尾ちゃん、淳ちゃん。

つづく

| | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

6/18(金)のカフェ

一日中、殆ど途切れることなくお客様が来てくださいました。

いつもありがとうございます。

今日はたびたび来てくださるお客様から、素敵なアレンジメントをいただきました^^

Img_0073

こうやって動物なんかも作れてしまうんですね。器用でうらやましいですshine

本当にありがとうございました。

それとは別に、数日前に群馬にお住まいのお友達から群馬名産のプレゼントをいただいたのです。

Img_0208

縁起ものの達磨、招き猫、ガトーフェスタハラダさんのお菓子詰め合わせ、幸煎餅さんの七福神あられです。ありがとうございます^^

ハラダさんのラスクは何度か食べる機会があったのですが、ほかの焼き菓子は初体験で・・・紅茶によく合うバターの香り高いものばかりでした。

開運七福神あられも初体験です。

七福神と言うだけあって、バター味・チーズ味等全部で7種類のあられがたっぷり入っています。

どれもおいしくてついつい止まらなくなってしまうのですが、中でもお気に入りはしそ味です!

甘くてほんのりしょっぱくて・・・緑茶が欲しい!と思うほどに(しかし店にはない)やめられない、とまらない状態となっており、詰め合わせなのにしそ味だけがあっという間になくなってしまいました。

他のも美味しいけど、

し そ 味 だ け た ら ふ く 堪 能 し た い 。

そこで当店の従業員が「自分で作ってみよう」と無謀な事を言い出しました。

カレーの起源日記をご覧になっている方は、「やりかねない」と思いになるかもしれません(;´Д`)

そこで用意したものがこちらです。

甘い土台を作りだすものと言えば!ハッピーターン!

Img_6807_edited1

そして、しそ味の決め手となる!ゆかりのふりかけ!

Img_0221

作り方は、いたって簡単です。

ビニール袋に、個包装を外したハッピーターンをお好みで数枚入れます。

ゆかりをティースプーン1杯ほど入れます。ビニール袋に軽く空気を入れ、膨らませます。

そして・・・振ります!Shake!Shake!

ビニール内で暴れるハッピーターンの図↓

Img_5249_edited1

ビニール袋に入れるゆかりの量を多少増やしても、これ以上はくっつかない模様・・・

Img_0225

恐る恐る口に入れてみると・・・

いい線いってます!全く同じものとはいきませんが、かなり近いものが出来たのではないでしょうか?

でも、ほかの味を再現するのは無理そうなので、いただいたあられがなくなり次第自分で注文しようと思います。

| | トラックバック (0)

パルメイラカレーの起源 その⑥

そんなこんなで3ヶ月も経過した頃でしょうか、
ある本に載っていた、ひとつのレシピに出会います。

1

2

「東京銀座 フランス料理 モンタニエ カレーコーナー」 

【海老カレーの作り方】

この際、海老はどうでもよかったのですが、
何よりカレーの見た目がとても近かったのです。

形のある具がほとんどない、ペースト状のカレー。

「フランス料理店のカレーだけに、カレーは具を引き立てる
 ソースとして考えられたもの。具とカレーソースは別々に調理し、
 具の持ち味を生かすのはレストランならではの調理法。
 ソースはルゥからじっくりと作り上げ、
 ブイヨンとあわせて2晩寝かせて使う」

そんな本の能書きも、独尊カレーのイメージと同じです。
たまねぎを大量に使うという条件も十分に満たしていました。
スパイスなどの細かいレシピまで書いてあったので、
これは!と思い、さっそく作ってみました。

このカレーの作り方は、おおざっぱに言うと、
たまねぎをあめ色になるまで炒めに炒め、
それにスパイスなどを合わせて行きます。
良く練り上げたそのペーストを、
最後に鶏がらで出汁をとったスープで溶いて液状にするのですが、
途中までは全く水を使いません。

すると、途中で面白い事に気がつきました。

この、「スープで溶く前のペースト」が、
独尊のカレーを水で溶く前の状態に良く似ていたのです。

そこで、敢えて鶏がらスープを加えるのをやめ、
そのペーストをタッパーに詰めて冷蔵庫で冷やしたところ、
見た目は独尊カレーそっくりになりました。

いけるかも ( ̄▽ ̄ *)

少し浮かれた私でしたが、まだまだ苦悩の日々は続くのでした。
そんなに甘くないよね。カレーだけに(←もういい)

つづく

【追記】
なお、今回ブログに書くに当たって調べてみたところ、
このお店「モンタニエ」は現在すでに閉店されており、
もうこのカレーを食べる事は出来ないそうです。
一度食べに行きたかったんですが、残念 orz

| | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

パルメイラカレーの起源 その⑤

さて、自分で作ろうと思いついてはみたものの。

・・・( ̄∀ ̄ ;) えーっと

具材を煮て市販のルーを溶かすという、
普通のカレーしか作った事ない私。
初めは何をしたらいいのかさっぱり分かりません。

とりあえず、職場出入りの本屋さんに、
「カレーの作り方に関する本があったら買うから持ってきて」
と頼んでみたところ、10冊以上も持ってきてくれました。

こっちが無理を言ってお願いした事もあって、
内容もあまり確認しないままに全部買い取ったのですが、
あとでよく見たら

『美味しんぼ』のカレーバトル編とか

2_2 

『華麗なる食卓』とか、

3_3

漫画まで混入してました。・・・この商売上手 ( ̄∀ ̄ )

・・・ともあれ、これで参考書はゲットしたので、
気を取り直して、まずは載っている写真や味の解説を読み、
見た目や味の近そうなカレーを探し出す事から始めました。

そして、そのカレーのレシピが載っていれば、
とりあえず作ってみるという具合。

まずは前回に紹介したキーポイントである
「たまねぎを大量に使う」事が大前提なので、
自然と使えるレシピはかなり限られてきます。

とはいえ、カレー作りは結構手間と時間がかかるので、
1種類作るだけでも1日がかり。
1冊のレシピ本から3-4種類くらいピックアップするとしても、
仕事が休みの日しか作れないので、1冊1ヶ月はかかります。

そして、1ヶ月やそこらでは、独尊カレーとは
似ても似つかないようなカレーとしか出会えないのでした。

そんなに甘くないね。カレーだけに。

( ̄∀ ̄ )つづくー

| | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

パルメイラカレーの起源 その④

おばちゃんを見つける手がかりは、
残念ながら北の大地で途絶えてしまいました。

でも、あのカレーが忘れられない。どうにかしてまた食べたい。

…(・∀・)!

「ならば自分で作る事はできないだろうか?」

…本当に軽い思いつきだったのですが、
まさかこれほどその後の人生に影響する思いつきだとは
当時の私は知る由もありませんでした(笑)

さて、思いついてはみたものの、料理の専門的な勉強はおろか、
飲食店勤務さえも唯我独尊での皿洗い程度の私にとって、
カレーを1から作るというのは、未知の領域にも程があります。

しかも、おばちゃんはお店でカレーを作っていたわけではなく、
自宅で仕込んでお店に持ってくるので、
レシピはもとより、作っている姿すら見たことがありません。

ですから、カレー作りのスタートの時点での予備知識は、
おばちゃんとの世間話のなかに散りばめられたキーワードと、
現場で見たものから推測したいくつかの事柄のみでした。

【スタート時点での予備知識たち】

1.店の陰に、とても大量のたまねぎがいつも置いてありました。
  メニューはカレーしかないお店だったので、
  この大量のたまねぎは、カレーに使われていると
  考えるしかありません。
  ちなみに、できあがりのカレーはほとんど液状なので、
  たまねぎを含めて具材の形はほとんどありませんでした。

2.おばちゃん一人で切り盛りするようになってから、
  おばちゃんはいつも「たまねぎ炒めで疲れる。」
  と口にしていました。

3.カレーを初めに口に含んだときの不思議な甘みとコクの理由を
  おばちゃんに何度聞いても教えてくれなかったのですが、
  ふとした時に 「バナナ入れてるのよ」と
  教えてくれたことがありました。

4.カレーは辛い事は辛いのですが、
  いつまでも口の中に残るような辛さではなく、
  チリパウダーなどの辛さとは違うような印象でした。

5.お店で出すカレーは当然液状なのですが、
  カレーの出来上がりは実は固形でした。
  少しやわらかめのルーのような形で、
  それを適量の水で溶いて食べる、少し変わったカレーなのです。
  店の裏の冷蔵庫のタッパーに、沢山入っているその「ルー」を
  適宜少しずつ溶かしてお店で提供していました。
  「最後に溶かす以外は水は使わない」とも言っていました。

たったこれだけのこれらの予備知識からスタートし、
独尊カレーの再現への挑戦を始めたのが、社会人1年目の春。
もう12年も前の話です。

つづく

| | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

パルメイラカレーの起源 その③

そうやって私がおばちゃん探しをあきらめたのは、
10年くらい前のお話です。

当時はインターネットがかなり一般に普及した頃で、
今ほどではないにせよ、いろんなお店がウェブサイト広告を
出したり、ホームページを開設したりしていました。

「ひょっとして、おばちゃんのお店の情報も
 インターネット上に転がってないだろうか」

そう思いついた僕は、 さっそく
「唯我独尊 カレー」で検索してみました。
見事にカレー屋さんの口コミ情報を発見し、狂喜する私。

…しかし……富良野? 北海道ですと?( ̄∀ ̄ ;)

店の名前が全く同じ、しかもカレー屋さん。
それに、おばちゃんが再びお店を開くとしたら、
多少なりとも離れた土地でないと都合が悪いでしょう。

結論、きっとおばちゃんが北海道でまたやってるに違いない!(・∀・)!

…完全にそう確信した私は、夏の休暇を利用して
直接そのお店を訪れてみました。

…違いました orz

お店のマスターは、ひげ面のおじさん。
そしてカレーの味も全く違います。
もちろんおいしいのですが、全くの別物です。

何より、マスターに話を聞いたら10年前くらいから
すでにここでお店をやっているようで、
富良野の唯我独尊のほうが、仙台の唯我独尊より
むしろ歴史がある位でした。

さらに念のためマスターに確認してみましたが、
仙台に分店を出したりはしていないので、
特に関係のない、偶然の一致だろうとのお返事。

…何で行く前に電話で聞いてみないのだと、
当時の自分を小一時間問い詰めたい。

今も昔も思いついたら後先考えず行動というのは、
全く変わっていないワタクシです。

私の性格はさておき、独尊カレーを再び食べるという僕の夢は
振り出しに戻ってしまったのでした。

つづく

| | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

パルメイラカレーの起源 その②

お店が突然なくなってから2年ほど経った頃、
私は晴れて社会人となっていました。

1年生として忙しく日々をすごすうちに、
たまったストレスが心のどこかの引き出しを開けたようで、
ふとあるとき、急に唯我独尊のカレーを思い出したのです。

どうしてももう一度あのカレーが食べたくて、
いつかおばちゃんを探しだそうと、漠然と考えるようになりました。

まず手始めに、当時の店舗の大家さんを尋ねて、
おばちゃんについて聞いてみましたが、
大家さんも行方はわからないとのお返事。
「むしろこっちが知りたいんだ!」と怒られる始末。

考えてみたら当たり前ですわね、夜逃げなんだもの ( ̄∀ ̄ ;)

それ以上おばちゃんの消息について調べる心当たりもなく、
さっそく暗礁に乗り上げていたところ、
職場の近くにあった、とある看板が目に入りました。

「ガルエージェンシー」

看板って、必要のないときには意識にすら上らないのに、
心に需要ができると途端に目に入るから不思議なもんです。

…ここはひとつプロに頼むかと思い、さっそくお電話。
しかし、最初の段階ですぐに断られてしまいました。

探偵さんの数あるお仕事のうちでも、
「人探し」は、単なる借金取りの代行になってしまう事が多く、
原則として親族からの依頼でないとやらないんだそうです。

でもまあ、事情によっては探さない事もないとのお話。
ハッキリとは向こうも言いませんでしたが、
平たく言えばお金をつめば探しますよというニュアンス。
思わぬところで大人の社会の洗礼を浴びるワタクシ。

「手付金50万、成功報酬50万、その他必要経費です。」

…( ̄∀ ̄ )ヒャクマンエン…

さすがに一杯のカレーのために100万円というのは厳しい。
初任給すらまだもらってないのに。

結局、おばちゃんを探す事は早々にあきらめたのでした。

つづく

| | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

パルメイラカレーの起源 その①

従業員です、こんばんは。

今日からしばらく、Cafe Palmyraの看板メニューのひとつである、
パルメイラカレー誕生についてのお話をしていこうかと思います。

このカレーを語るには、まず私の大学時代にまで
遡らなければなりません。ぽわわわーん(←回想中の音)

「唯我独尊」

もしかするとご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

当時住んでいたアパートの近所、仙台市青葉区東照宮から、
小松島方面に向かう交差点の一角に、そんな名前の
小さなカレー屋がありました。
カウンターが5席ほどしかない、本当に小さなお店でした。

しかし、その小さなお店には、その後の私を
毎週のように通わせることになる、
それまで一度も食べたことがなかったような、
独特の味わいを持つカレーがありました。

あえて言葉で表現するならこうでしょうか。

口に含んだ瞬間は甘いのですが、少したつと
じわじわ辛さが増してくるのです。
そしてその辛さは、心地よく、すーっと引いていく。
まさに「あとを引く辛さ」という表現がふさわしい、
・・・そんなカレーでした。

その「唯我独尊」を切り盛りしていたのは、
40代後半くらいに見えるご夫婦で、足しげく通っていた
私はすぐに名前を覚えてもらい、親しくなりました。

ところが、2年ほどした頃、ご主人が心臓病で急逝してしまい、
おばちゃんがひとりで切り盛りするようになります。

正月など、近所の東照宮でイベントごとがある繁忙期には、
私も呼び出されて皿洗いの手伝いをしたりもしていました。
バイト代は カレーの現物支給。でも、十分満足でした。

・・・しかしそんな折、突然「唯我独尊」はなくなってしまうのです。

小さなお店とはいえ、女手ひとつで切り盛りするのは
限界だったのだと思います。
どうも夜逃げしてしまったようでした。
夜逃げですから、親しくしてくれていた私にも
当然のことながら何も告げず、
おばちゃんは居なくなってしまいました。

突然、大好きなカレーが食べられなくなってしまった私。

でも、時間は万能の特効薬とはよく言ったもので、
いつしか僕の記憶からも、唯我独尊はゆっくりと消えていきました。

つづく

| | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

COMFY

先日、閉店後にお友達とCOMFYさんにお邪魔してきました!

以前からお話を聞いて行きたかったのですが、なかなか機会がなく・・・

色んなものをいただきたかったので、コース料理を選択しました。

004

005 006 007 009 011 野菜の味が一つ一つしっかりしていて、とても瑞々しかったです。

憧れだった味噌クリームパスタもいただきました。

味噌とクリームが絶妙で・・・コースだとハーフサイズなので、次回は是非フルサイズでいただきたいなと思いました。

+500円でメインをトウガラシのユッケ丼にしました。

トウガラシという部位のお肉の事だったんですねlovely

思っていた以上にボリューム満点で、お箸が止まりません。

デザートもしっかり堪能し、幸せなひと時でした。

COMFYさんは固定メニューがなく、その時の新鮮な食材を使ってお料理を出してくださるので、また行かねば・・・ごちそうさまでした^^

「COMFY」

仙台市青葉区北根黒松1-20 

神山ビル2階

022-301-7856

11:30~22:00

*上記の店舗情報はインターネットで調べたものであり正確性は保証されませんので、事前にご確認くださいませ。

| | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

店長すげいです。

こんばんわ。従業員です。

いつも、店主の人脈と人望には本当に感心することしきり。

全国からたくさんのお花や開店祝いが届くのにも驚くのですが、
近県はもとより、関東はおろか関西からまでも、
開店祝いを兼ねて体ごとご来店する方までいらっしゃる有様。

もともと僕は軍師肌なので、こういうカリスマをもった人の
サポートが出来るのはとても幸せです ( ̄▽ ̄ )

僕の性癖はさておき、つい先日も、神奈川在住の
おともだちから開店祝いが届きました。
イーゼル一体型のブラックボード♪

0

ご丁寧にカラーチョークまでつけてくださいました。

2_2

ふだん店頭に出している、レギュラーメニューを書いた
ブラックボードはすでにあるんですが、
期間限定メニューなんかをアピールするのに、
もう一枚くらいブラックボード欲しいねえと
ちょうど話してたときの、タイムリーな贈り物。

ほんとにありがとうございました。
まさかお店であんな使い方をされるとは
夢にも思わなかったでしょうが…(笑)

気になる方は、ぜひ現地でご確認ください。

| | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

も少し何とかならんのか

従業員です、こんばんわ。

お店の調理に頻繁に登場するフードプロセッサ。

2_2

カレーの仕込みでは大活躍してますし、
そのほかにもチーズケーキやスコーンの仕込みにも
なくてはならない存在となっています。



TESCOM製のフードプロセッサって、
だいたいみんな同じような形状だと思うんですが、

洗 い に く い ん だ ( ̄∀ ̄ #)

1

この狭い凹みに、必ずたまねぎが挟まりよる。

正直、筒状の投入口ってあまり使わないので、
ただの平べったいフタでいいんだけどなあ。

| | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

6/6(日)のカフェ

本日もご来店いただきましてありがとうございました。

埼玉からわざわざお越しくださった方がいたり、Twitterを見て来てくださったり・・・

Twitter、お店の事はほとんどつぶやいておらず申し訳ありません。

元々大仰に宣伝つぶやきをするために始めたものでもないので、お店というより一個人としてとらえていただけたらと思います(笑)

最近はついったー大喜利に力を注いでいる店主および従業員だったりします。

お客様からロクシタンのセットと、可愛らしいカトリセンコウのプレゼントをいただきました。

007_3

包装の上からでもほんのりと良い香り。自分の好きな香りはいやされますね。

ありがとうございました^^

スコーン用にお出ししているジャムがだいぶなくなってきましたので、合間に仕込んだりもしました。

今の季節はアメリカンチェリーを使用しております。

002_3

元々色鮮やかなアメリカンチェリー、出来上がりも目を引く赤さです。 003_2 004_2

そろそろ八百屋さんの店頭に梅が並び始めましたので、次回辺りから梅ジャムになるかもしれません・・・

| | トラックバック (0)

ビビる大木

従業員です。こんばんわ。

唐突ですが、自宅からお店の買出しに行くときに

良く通る県道があるんですけどね。

1

その県道の脇にある、こんな看板。

2

通るたびに思うんですけど、誰需要なんだろう。

| | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

串YAKICozy&Forsta

今日は、閉店後にお友達と串YAKICozyさんにお邪魔してきました。

新鮮な岩手県産の地養鳥がとてもリーズナブルに食べられると伺ったので・・・shine

とにかく、画像を見ていただければわかってもらえるかと。

006 007 008 009 010 011 012 013 014 中でも感動したのがつくねと肉巻きトマトとささみです。

口に入れたとたんほろほろと崩れる柔らかさのつくね、トマトが透けて見えるほど薄いのにとても存在感があるお肉、全くパサついていないジューシーなささみ・・・

お昼ごはんを食べてから来た事をやや後悔。

串焼きは100円~、ドリンクは280円~と、噂通りのリーズナブルなお店でした。

また是非お邪魔したいです。

お腹いっぱいとか言いつつ、甘いものはしっかりと別腹なので近くのカフェForstaさんでケーキ盛り合わせとブレンドコーヒーをいただきました。

015

これで明日の営業も頑張れます(笑)。おやすみなさいませ。

「串YAKI Cozy」

仙台市青葉区大町1丁目3-8 2F

022-211-4647

18:00~LAST

不定休

「Forsta」

仙台市青葉区大町1丁目4-10

ココエステート大町ビル1F

022-346-8929

12:00~0:00

不定休

*上記の店舗情報はインターネットで調べたものであり正確性は保証されませんので、事前にご確認くださいませ。

| | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

カレーについて

当店のメニューを語る上ではずせないのが、お店の名前がついている「パルメイラカレー」です。

*画像はロースカツをトッピングしたカレーです

002

ひと口目はちょっと甘めなのですが、徐々に辛くなってきて汗がじんわり・・・

すでに体感された方もいらっしゃると思います。

カレーは10種類以上のスパイスを調合して、店内で時間をかけて仕込んでいます。

実は、このカレーはとあるカレーをインスパイアして出来上がったものなんです。

近々、カレー考案者である従業員自身に、パルメイラカレーが完成するまでの生い立ちを書き記してもらおうと思っています。

| | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

つぶやき

従業員です。こんばんわ。
最近はやりのツイッターの面白さが全く分からないワタクシです。
いったいアレのどこがどう面白いんだかさっぱり分からない。


…そんな風に思っていた頃が、僕にもありました(AA略


・・・いやね、ツイッターのつぶやき自体は、
今でもビタイチ面白いとか感じないんですが、
これは面白いと思った。

【ついったー大喜利】
https://twitter.com/ogiri_tweet

一日一個、管理してる人が御題を出してくれて、
それに対してつぶやきで答えるしくみ。
たとえば6月1日の御題は、

「前例のない程に伸びたピノキオの鼻。さて、どんなウソをついた?」

僕の答えは

「オッス!おら悟空!」

だったんですけど、全く同じ答えを
すでに出している人が居たりして、悔しくもあり、嬉しくもあり。

朝にお題がでるので、早い者勝ちになっちゃうのが辛い所ですが、
皆さんもよかったらどうですか( ̄▽ ̄ )

| | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

バターの包装

従業員のファン・ガンマ・ビゼンと申します。よろしくお願いします。

突然ですが、普段使っている、450gのバターを包んでいる銀紙に関して思うこと。

開封して、少しだけ使って、包みなおす。

使ったわけだからバターは小さくなっているはずなのに、
包みなおすとどーにも紙が足りない感じで上手く包めないのは
何故なんでしょうか。不思議だなー ( ̄∀ ̄ ;)

まあ、それだけなんですけどね。

| | トラックバック (0)

6/2(水)のカフェ

本日もご来店いただきましてありがとうございました。

お客様とついついお話に夢中になって、閉店時間を1時間オーバーしたのは秘密です。

よくある事ですsweat01

19時過ぎにお店を出たら、まだ外はそれほど暗くなく・・・

ずいぶん日が長くなってきましたね。

夏が大好きなので、これからの季節が楽しみです。

本日はお客様からお香のプレゼントをいただきました。

001

早速自宅で使わせていただきたいと思います。ありがとうございました^^

明日は定休日のため、お休みさせていただきます。

| | トラックバック (0)

トップページ | 2010年7月 »