« こんばんわ、従業員です。 | トップページ | 本年はありがとうございました。 »

2010年12月 8日 (水)

第3の眼

こんばんは、従業員です。

突然ですが、昔から、漫画などで「第3の眼」を持つ
登場人物って居ますよね。

私の世代だと、手塚治虫の『三つ目がとおる』の写楽保介や、
『ドラゴンボール』の天津飯なんかを
真っ先に思い浮かべますけど、もう少し若い世代は
『3×3EYES』なんかを思い浮かべる人も
いらっしゃるかもしれません。

ただ、そう言う「第3の眼」って、
たいていの場合いわゆる超能力の源などとして描かれていて、
実際の視力を持っているかというと疑問なことも多いです。

「実際に第3の目が見えていたら、どんな景色が見えるのか」

・・・そんな疑問を解決すべく、
実行にうつした人がアメリカに居るそうです。

それは、ニューヨーク大学の、ビラール教授。
なんでも、ライブカメラを手術で体に埋め込み、
四六時中の映像を配信しようというプロジェクト。

さすがは大学教授です。
装置を身に付けるなどという生ぬるい方法ではなく
体に埋め込むという発想も凄いんですけれども

1

後頭部という発想もなかなか凄いと思うんです。

http://www.excite.co.jp/News/odd/E1291798145822.html

これ、夜に教授がおやすみの間は、
真っ黒な映像が配信されるんでしょうか?  ( ̄∀ ̄ )

|

« こんばんわ、従業員です。 | トップページ | 本年はありがとうございました。 »

日常」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1374919/38007508

この記事へのトラックバック一覧です: 第3の眼:

« こんばんわ、従業員です。 | トップページ | 本年はありがとうございました。 »